城西大学付属川越高等学校同窓会
城友会
城友会について 同窓会報「城友」 城友会の活動 掲示板
恩師に会いたい 同窓生の今 想い出アルバム ご意見・ご感想
恩師に会いたい

第6回 「恩師を囲む会」より   (平成24年6月30日開催)

          飯島先生、鈴木先生、橋本(邦)先生、益子先生の御退職を祝して「恩師を囲む会」を開催した際に、

            先生方から卒業生へメッセージを頂きました。

飯島 謙一郎 先生   (体育) 教師歴38年

<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   退職して、はじめて城西川越高校を外から見るようになりました。現在は、実家の片付けをしたり、ハンドボール部の方も、出来る範囲で手伝ったりしています。こうしてOBと関わる機会を持てて感謝しています。これからも、城西を影ながら支援いていきたいと思っています。

鈴木 進 先生   (体育) 教師歴39年

<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   やっと、自由人になれたので、妻と一緒に旅行にでかけたりして過ごしています。先日、城西川越の生徒が、マナーの悪いことをしていたので叱りました。今年の新入生だった生徒は、???という表情でしたが、内進生が気づいたらしく、反省していました。退職しても、城西川越に携わって行きたいと思います。

橋本 邦夫 先生   (理科) 教師歴38年

<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   退職して、家でごろごろしていると、妻に邪魔にされ、昼間の間は、妻が家出(笑)しています。妻が家にいないと、醤油がどこにあるのかなど、些細なことも自分ではできず、苦労しました。最近は、ある程度のことがわかるようになってきました。これからは、自分の時間をどう有効に使えるか、いろいろと考えていこうと思います。

益子 覚 先生   (社会) 教師歴38年

<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   退職後、別の学校で講師として働いています。OBの皆さんとこうして繋がりを保てるのも、教師の特権だなと感じています。ぜひ、来年以降も、お声かけをいただき、楽しい時間を過ごしていきたいと思っています。

第5回 「恩師を囲む会」より  (平成23年5月14日開催)

         「恩師を囲む会」に出席下さった市川先生(地歴公民) 、西澤先生(保健体育)、原先生(保健体育 )

           のメッセージは只今準備中です。

           更新の遅れや、不備などせっかくHPをみて頂いている同窓生の皆様に、ご不自由をお掛けしていると

           思いますが、ご理解と、ご協力を願えればと考えています。

 

第4回 「恩師を囲む会」より   (平成22年5月22日開催)

                若山先生、瀬戸先生、田面先生の御退職を祝して「恩師を囲む会」を開催した際に、

                    先生方から卒業生へメッセージを頂きました。

若山 望 先生   (音楽) 教師歴38年

<退職されての感想>

   田んぼの中にたたずむ一棟の校舎、土手の向こうの広いグランド、そしてなによりも夕方見る赤富士は最高でした。

  ただひとつ残念なことは素晴らしい先生方、そして生徒の皆さんに出会ったことです。それは私の時間をあっという間に奪い去りました。

<近況、今後の抱負

  今まで通り5時半起床

  ストレッチ、公園まで自転車で、そしてウォーキング3キロ、家に帰って朝食を取りながらNHKの朝ドラを見る。それにごみ出し。

  以上が毎朝のメニューです。あとは自分の時間ですが、現役の時より少し忙しいかもしれません。

      7CD若山望「カルーソー」をリリース

      9月埼玉文化センターにてオペラ「ジャンニスキッキ」出演

    11月女子美術大学にてオペラ「椿姫のデュエット」演奏予定

    12月故郷徳島、鳴門文化会館にてオペラ「カルメン」出演予定

<卒業生へのメッセージ>

   城西最高!!そしてなによりOB最高!!!ご活躍を!!!!

瀬戸 勝 先生   (英語) 教師歴37年

<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   本校創立2年目に新米教師として着任し、37年間経った今年退。その間、教育を取り巻く環境も、学校自体も、そして、そこで学ぶ生徒達も時代とともに随分と変わりました。そんな激しい変化の中でとうにか勤め上げることができ、内心ほっとしているのが本心です。支えてくれた方々と家族に感謝し、当分の間は休養期間として、心身のリフレッシュを図ろうと考えています。

<卒業生へのメッセージ>

   現場を離れて立場こそ違え、私も皆さんと同じ同窓生という気持ちです。様々な分野で頑張っていることと思いますが、今後の益々の活躍に心からエールを送りたいと思っています。

田面 洋二 先生   (数学) 教師歴36年

<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   不動産会社に勤めていた私が、縁あって本校にお世話になった一年目、行き成り担任を任されてしまいました。当時の生徒はそれはそれは兵揃えだったので、授業することよりも、如何に大人しくさせておくか。今日では考えられないような事だらけでした。今となってはそれも1つの楽しい思い出です。

<卒業生へのメッセージ>

   文化祭など学校行事の時に、是非学校に来てください。私も行きます。そして、昔話に華を咲かせましょう。

 

 

第3回 「恩師を囲む会」より   (平成21年5月9日開催)

                神内先生、松田先生、平澤先生の御退職を祝して「恩師を囲む会」を開催した際に、

                    先生方から卒業生へメッセージを頂きました。

神内 岩雄 先生   (数学) 教師歴37年

<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   城西高校が田んぼのど真ん中に、新しい校舎と小さなプレハブ食堂からスタートして、早37年です。期生が卒業するまでに、体育館が完成してくれればいいなあなど、色々心配している間に37年経ってしまいました。

   今、一人ひとりの顔を見て、「ああ、あの時ああしていれば・・・こうしていたら、どうだっただろう。」など、いろいろなことが頭をめぐります。

まだまだ僕も、いろいろな面で何かやってきたいと考えております。

<卒業生へのメッセージ>

   こうして、教え子と会えることが何より嬉しく、胸がいっぱいです。

松田 鉄三 先生   (数学) 教師歴37年

<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   何が一番印象に残っているかと聞かれれば、私を振り切って、土手を走って国道254号線へ逃げた生徒がいて、何がきっかけで、逃げたのかは覚えていませんが、その生徒を追いかけて捕まえたことです。

<卒業生へのメッセージ>

   教師として37年間も勤められたのは、城西が好きだったからです。

卒業生のみなさん、これからも城西のために、一肌二肌三肌脱いで下さい。

平澤 理 先生   (国語) 教師歴33年

<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   27歳の時から、この城西高校にお世話になり、三十数年経ちました。期生〜33期生までの生徒と接して、その間に9年生の担任を持ちました。顔を見ただけではすぐに全員のことは思い出せませんが、今回こうして大勢の卒業生に集まっていただき、本当に一生の思い出になりました。

<卒業生へのメッセージ>

   私は、信州の田舎(長野県の伊那)へ戻ります。みなさん、よろしかったらぜひ伊那に遊びに来て下さい。

 

 

第2回 「恩師を囲む会」より   (平成20年5月10日開催)

                桐ケ谷先生、秦野先生、花谷先生の御退職を祝して「恩師を囲む会」を開催した際に、

                    先生方から卒業生へメッセージを頂きました。

桐ヶ谷 弘孝 先生   (理科) 教師歴35年
<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   年前に脳梗塞を起こし、体の左側に麻痺を患いました。今はリハビリをして、だいぶ元の状態にまで回復しましたが、以前のようには、歩けません。今後もリハビリを続け、以前のように歩けるようにと思っています。

   退職して、ホッとしました。が、今ではなにか物足りません。何かを探しております。ヘルパー級の資格を取得しました。病気の方と関連した仕事をとも思っています。

<卒業生へのメッセージ>

   健康にはだけは、気をつけてください。私のようにならないように。

秦野 康夫 先生   (理科) 教師歴35年
<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   ほっとした。これが最大の気持ちです。30数年間、十二指腸潰瘍の薬をのんでいましたが、今は飲んでいません。和歌山の田舎に帰り、農家年生として、草との戦争をしています。みかんの木もすべて枯れてしまっているため、何本か植えました。いつなったら実ってくれることやら。

   これからの農業→世間で言う有機農法・無農薬の中で、化学屋として農薬について考えていきたいと思っています。

<卒業生へのメッセージ>

   城友会の皆さん、それぞれの道で頑張っておられることと思います。この年になって考える、人生にとっての最も重要な事柄は「体の健康・心の健康」ではないかと。今、世界は混沌としており、城友会の皆さんの中にもこの厳しい渦の中に入ってしまった人もおられると思います。負けないで下さい、必ず太陽は昇ります。

花谷 孝志 先生   (理科) 教師歴35年
<退職されての感想や近況、今後の抱負>

   光陰矢の如しのごとく、終わってみると早くも感じられた35年間でした。その年月の間には、生徒に色々な面で教えつつも教えられ、病気らしい病気もせず皆様の御協力のもと教師生活を終えることができ、感謝しています。これまで勤められたことは、体を鍛えたことにもよると思います。皆さんも体を鍛えてがんばって下さい。今後は卒業生の活躍を見守っていきたいと思います。

<卒業生へのメッセージ>

   各方面で活躍のことと思いますが、これからの世の中はますます色々な面で大変な世の中になっています。体を鍛え、健康に留意してがんばって下さい。地球を守る人が続いてもらいたい。

 

 

 

 

このページの先頭へ



個人情報保護について